(相談無料)新潟で債務整理なら【新潟】債務整理相談センターへ

受付時間
平日:9:00~17:00
定休日
土日・祝日

※土曜・日曜・祝日の面談をご希望の場合はご相談ください。

お電話での無料相談はこちら
0120-341-091

メールでのご相談は24時間お気軽に!

ブラックリストとは?

司法書士とパラリーガル

「ブラックリストってどういうことなの?」

債務整理をすると必ずブラックリスト状態になります。

これは「事故情報」が信用情報機関に登録され、以後5年から10年ほどは、記録され続けます。

ただ漠然とブラックリストといわれても、わかっているようでわかっていないような、いまいち要領を得ないという人も少なくないでしょう。

今回はブラックリストとは?という疑問ついての詳しいカラクリや、対策方法などを下記にて整理してまいります。

ブラックリストとは?

債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)の手続きをとると、信用情報機関の管理する情報に、その事実が登録されます。

その為、以後5~10年間はローンを組むのが難しくなります。これが一般的に「ブラックリスト状態」といわれているものです。

こうなると住宅ローンや、カードローンを組んでの車などの購入、キャッシングなどをおこなおうとしても、審査が通らなくなります。

ブラックリストに載っていると審査が通らないのはなぜ?

銀行やサラ金などの消費者金融は、新規で借入契約をする際に、必ず審査を行います。

そこで借入する人の返済能力や信用力を調査するのですが、このときに信用情報機関に問い合わせをして、過去に債務整理をしていないかチェックする訳です。

もしあなたがブラックリストに載っていて、過去に借金を返せなかったり滞納していた事実の記録があった場合は、審査でも「返済能力がない」と判断されてしまうのですね。

もちろんそのような情報が無いのであれば、問題なく借入ができます。

ブラックリストというと漠然と「借金を貸さない方がいい人の裏リスト」みたいなイメージがありますが、そういうものではありません。

ブラックリスト状態になるとカードが作れなくなるカラクリ

ブラックリスト状態になるとその後5年~10年程は新規にカードを作成することはできません。

前述した通り、大半のカード会社や金融機関は、信用情報機関のCIC、JICC、KSC(全国銀行協会)の信用情報をチェックしている為です。

債務整理後、あなたの事故情報は記録され続けるので、カード作成時、そこのことがバレてしまい審査に通りません。

なお、事故情報の保存期間は、各機関ごとに以下となります。

①CIC(約5年は保存)

②JICC(約5年は保存)

③KSC(約10年は保存)

債務整理には借金を減額できるなど大きなメリットがありますが、このようなネックがあることも留意しましょう。

もっとも、5年~10年後はブラックリスト状態から解放されるので、またカードを作成することができるようになります。

債務整理手続きごとのブラックリスト状態の期間

債務整理の手続きの中でも、ブラックリスト状態の期間に差があります。

下記にまとめると、

① 任意整理5年

② 個人再生10年

③ 自己破産10年

...となっています。

個人再生や自己破産は約10年と長期間になるので注意してください。

過払い金請求でブラックリストに載る?

債務整理と過払い金請求は違うのもなので、それ自体でブラックリスト状態になることはありません。

あくまで過払い金請求は払いすぎたお金を返してもらうだけです。

返還金はもともと自分のものだったのですから、それでブラックリスト状態になるいわれはないですね。

またもし仮にブラックリスト状態になったとしても、信用機関情報へ正式な請求手続きをすることで、情報を削除してもらえます。

ただ、注意しないといけないケースもあるので下記に整理いたします。

過払い金請求をしてもブラックリスト状態にならないケース

過払い金の返還請求は事故ではないので、それだけで、ブラックリストに記載されることはありません。

もし、過払い金が借金額を上回っているのであれば、借金はゼロになるので、ブラックリストに載ることはありません。

過払い金請求によりブラックリスト状態になるケース

注意したいのが返還請求する過払い金により、借金の元本を減らしたとしても、借金がゼロにならないケース。

この場合に限っていえば、ブラックリスト状態になります。

もっとも、たとえばA社から200万円、B社から200万円の借金をしており、A社に対して過払い金請求をすることにより、A社の借金が無くなったとします。

しかし、全体的な借金はB社の200万円が残っておりますが、このケースでは、ブラックリストに載ることはありません。

つまり、過払い金請求をした業者において、借金が残るかどうか、がポイントとなるのです。

今まで使用していたカードも使えなくなる

ブラックリスト状態となると、カードの新規作成のみならず、今まで使用していたカードの使用も停止となります。

カード会社は「途上与信」を定期的にチェックします。

これはあなたのカード使用の状況をチェックするもので、信用情報機関(JICC、CIC)に問い合わせて、滞納状況やカード利用者に問題ないか見ているのです。

なので、カードの更新の際などにあなたがブラックリスト状態になっていることが判明してしまったタイミングで、カードは使えなくなります。

任意整理の場合のみカードが使えるかも

ただし、たとえば任意整理の整理対象から外しているカード会社については、その後も一定期間は使え続ける可能性があります。

任意整理の場合は手続き後も、ほとんど使ってないカードだったり、残債が少ないカードについては途上与信のチェックをされても、使用が停止されないことがあります。

なので、任意整理の際にほとんど使っていないカードを整理対象から除外しておけば、そのカードは使い続けれることがある訳ですね。

テクニックのひとつとして、任意整理前に審査の通りやすいカードを作り、そのカードをほとんど使わないままで、任意整理手続きを実行する、という裏技も。

もっとも、任意整理後、何かの拍子に途上与信のチェックが入り(カードの更新時など)、あなたがブラックリスト状態だとバレたら、カードの利用は停止となります。

ブラックリスト状態になる条件を整理

ここでは今一度、ブラックリスト状態になってしまう条件について整理します。

支払いの遅延や滞納

まずは前述した通りですが、カードの支払いを遅延・滞納させた場合は、ブラックリスト状態になります。

もっとも、カード会社によって滞納の回数や期間はマチマチです。しかし平均して2ヶ月以上滞納すると赤信号だということを、おさえておきましょう。

債務整理は問答無用でブラックリスト

債務整理の手続きに関しては、問答無用でブラックリスト状態となります。

これを回避する方法はありません。

借金を返せなかったのだから、当たり前ですよね。

上記でも述べた通り、5年~10年はその状態が続くことを覚悟しなければなりません。

複数のカード会社に同時にローンを組もうとする

意外と知られていませんが、あまり複数のカード会社に同時にローンを組むことはお勧めできません。

下手をするとブラックリスト状態になることがあります。(ただし2社同時ならセーフです)

これは、あらゆるところへ借金を申し込んでいるとみなされるためです。

金融機関側から「信用ならない人」と見なされてしまうリスクがあるのです。

金融機関は他機関への借入の申し込み状況なども把握しているので、複数同時に審査をしていると一発でバレます。

もしそれでも複数の金融機関での借入を希望するならば、最低でも2ヶ月ほどのスパンをあけて実施すべきです。

借金の滞納もブラックリストになるので注意

奨学金や携帯電話の分割払いなど、月々の返済を滞納した場合にもブラックリストになるので注意してください。

奨学金については、3ヶ月滞納すると個人信用情報機関に報告すると公式に発表されています。

携帯電話については通信会社にもよりますが、要するに分割払いはクレジット契約なので、約2ヶ月滞納が続くとブラックリスト状態となります。

クレジットカードの不正利用

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を得る「クレジットカードの現金化」というテクニックがありますが、

これは不正利用に該当する行為なので、もしバレたらブラックリスト状態になる可能性があります。絶対にやめましょう。

支払いを遅延してもブラックリストにならないケースとは

支払いを遅延させたとしても、ブラックリストにならないケースもあるので、下記に整理します。

家賃の支払い遅延

家賃の支払いの遅延でブラックリスト状態になることはありません。

ただし家賃をカード払いにしている場合のみ、ブラックリスト状態のリスクがあるので注意してください。

また、家賃保証会社がついている場合は、支払い遅延した場合に、個人信用情報機関ではなく、家賃保証のネットワーク内でブラックリスト状態があります。

そうなると、カード作成などに悪影響があるわけではないのですが、新しく賃貸を借りたり、家賃保証を受ける際に審査に通らなくなることがあります。

公共料金の支払い遅延

公共料金の支払いを遅延させても、ブラックリスト状態になることはありません。

こちらの遅延情報は、個人情報ですので外部に漏らすこともありません。

もっとも、もし公共料金の支払いを遅延し続けると給料や財産の差し押さえ、口座の凍結となることがあるので、注意してください。

ブラックリスト状態の期間中の対策

ブラックリスト状態となり、クレジットカードが使えなくなった後、それでもカードを使いたい場合はどのような対策をとればよいのでしょうか?

下記に整理いたします。

デビットカードを利用

どうしてもカードを使いたい場合は、ブラックリスト状態でクレジットカードが持てない期間は、デビットカードを活用する手もあります。

クレジットカードは使いすぎてしまうリスクがあるから、かわりにデビットカードを使用した方が、かえって良いという場合も。

デビットカードは銀行口座にお金が入っていないと使用できないカードです。

審査もいらないので、ブラックリスト状態の期間中でも作成できます。

配偶者や親族のカードを利用する

もし配偶者や親族がいるならば、その人の名義のカードを利用させてもらうことは、もちろん問題なく可能です。

 ブラックリストについてはあくまで各個人の問題なので、その親族に悪影響が波及することはありません。

その為、たとえば結婚して同じ姓になったとしても、ローンの審査についても同様に、別々に扱われます。これは親族についても同様です。

したがってブラックリスト状態の者と婚姻関係にあるとか、親族の関係にあるからといって、その人たちがクレジットカードが使えなくなったり、ローンを組めなくなる訳ではありません。

ローンの審査では本人がブラックリストに載っていなければ、問題ないからです。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

今回はブラックリストとは何なのかについて詳しく解説しました。

ブラックリストとは、要するに個人信用情報機関のデータベースに事故情報が載っている状態のことをいうのです。

残念なことにいったんブラックリスト状態となった場合は、それが誤りによるものではない限り、削除することもできず、解除されるまで待つしかなくなります。

その期間中はデビットカードを利用したり親族の名義でローンを組むなどの対策をとるしかないのです。

そしてもしクレジットカードの使用に問題が生じるのだとしても、借金問題を解決するには債務整理を行うことが有効です。

悩んで時間を浪費すると借金問題は大きくなっていく一方です。ぜひ一度、司法書士などに相談してください。

  • カード会社は受任通知を受け取ると、信用情報機関に報告する。これにより債務整理を行う人はブラックリスト状態になる。
  • ブラックリスト状態の期間中(5~10年程)はクレジットカードの使用、作成は行えない
  • いったんブラックリスト状態となった場合、その情報を削除することは基本的にできない。
  • ブラックリスト期間中でも、配偶者や親族がいるならば、その人の名義のカードを利用させてもらうことは問題ない

【新潟】債務整理相談センターは相談無料!!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-341-091

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【新潟】債務整理相談センター
aaaaaaaaaaaaaaaa

無料相談はこちら

受付の女性
【新潟】債務整理相談センター

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-341-091

Menu