(相談無料)新潟で債務整理なら【新潟】債務整理相談センターへ

【新潟】債務整理相談センター

〒950-0916
新潟県新潟市中央区米山4丁目1番23号
米山Nビルディング4F

新潟駅から徒歩8分
運営:ARO司法書士法人

受付時間
平日:9:00~17:00
定休日
土日・祝日

※土曜・日曜・祝日の面談をご希望の場合はご相談ください。

お電話での無料相談はこちら
0120-341-091

メールでのご相談は24時間お気軽に!

保証人に迷惑かけずに借金解決したいなら任意整理

司法書士とパラリーガル

「債務整理を検討しているが保証人にも迷惑がかかるのかな?」

債務整理をする場合、連帯保証人には、どのような影響があるのでしょうか?

結論から述べると、いずれにせよ、債務整理をする場合は、保証人は何らかの形で、迷惑がかかることになります。

ですが、任意整理なら、保証人には迷惑をかけずにおこなえる可能性があります。

保証人に迷惑かけずに借金解決したいなら任意整理がおすすめです。

保証人と連帯保証人

任意整理と保証人の話をする前に、まず基本事項として、

①通常保証

②連帯保証

...の違いについて、解説いたします。

一般的に、カード会社から借入契約をすると、連帯保証人が必須となっている場合がほとんどですが、通常保証と連帯保証はどう違うのでしょうか?

通常保証と連帯保証の違い

カード会社から借り入れをおこなう際、ほとんどの場合、連帯保証人が必要となります。

連帯保証人とは、保証人よりもずっと責任が重く、ほぼ借金を借りている人と同じ責任を担わされている状態のことをいいます。

どのくらい責任が重いのかというと、カード会社が突然、連帯保証人に請求した場合でも、それに対して「まずは借主に請求してください」という権利(催告の抗弁権)や、「先に借主の財産を処分してください」という権利(検索の抗弁権)も、認められないほどです。

それとは異なり、ただの保証人は、借金をしている人が完全に返済できなくなった場合だけ、返済義務が生じる保証となります。

任意整理すると保証人はどうなるの?

もし債権者が返済が苦しくなり、債務整理を検討する際、もっとも気がかりになることの一つが、保証人のことです。

債務整理の方法や、あなたの借金の状況次第では、カード会社から保証人へ請求が行き、たいへんな迷惑を及ぼすことになります。

任意整理が保証人に与える影響

あなたが任意整理をすると、保証人に請求が行きます。

任意整理を行うと、債権者が返済すべき金額の返済義務が、保証人にも発生して、請求が行くのです。

これは任意整理によりカード会社と和解できたとしても同様です。

保証人は和解金を支払う義務も生じます。

もうひとつポイントなのが、任意整理した場合、借金をした本人と、保証人の両者ともブラックリストに載ってしまうのです。

これが後にトラブルにつながるケースがあります。

したがって、任意整理をおこなうにあたり、まずは複数あるカード会社の借金の中で、保証人がある借金と、保証人なしの借金とを、選別することが重要です。

なぜなら、保証人なしの借金だけを選択して任意整理すれば、保証人に迷惑をかけることはないからです。

保証人へ請求がいかないようにするには?

中には、どうしても保証人つきの借金を任意整理せざるをえないというケースも出てくるでしょう。

ですが、保証人にはなるべく迷惑をかけたくないものですよね。

対策としては、保証人と相談して「連名での任意整理」をすれば、保証人がカード会社に請求されることを回避できます。

また任意整理をする本人が、その後にきちんと計画通りに返済をおこなえば、保証人に支払い義務が及ぶことはありません。

留意したいポイントは、いずれにせよ保証人がブラックリストに載ることは避けられないという点です。

保証人つきの借金を、任意整理などの債務整理をする場合、どのような形にせよ、保証人には迷惑が及びます。

この点をしっかりと踏まえて、きっちり保証人と相談して、手続きをおこなうべきです。

なぜ保証人がブラックリストに載るのか?

保証人つきの借金を任意整理すると、保証人もブラックリストに載ってしまいます。

このカラクリについて詳しく解説します。

保証人がブラックリストに載るカラクリ

個人とカード会社の取引情報を管理する信用情報機関は、もし任意整理で借金を返済できなかった場合、事故情報としてその事実を記録します。

以後5~7年程はローンやクレジットカードの作成、キャッシングなどはできなくなり、これを俗に「ブラックリストに載る」と呼ぶのです。

また借入の保証人については、カード会社にとって「回収不能な状況になった時の切り札」という扱いなので、個人情報機関も当然チェックしています。

保証人がブラックリストに載るケースとは?

この時点ではまだ、「誰彼が保証人になった」という事実のみが記録されるだけです。

借金をしている人が通常通り返済しているのであれば、保証人がブラックリストに載ることはありません。

ただ、任意整理や返済の滞納などにより、カード会社から保証人に請求が行くようになった場合は、話が違います。

この場合は、保証人の名前も、ブラックリストに載ることになります。

保証人は、借金を借りている人と同じ責任を担わされているためです。

また借金をしている人が任意整理をおこない、結果的にカード会社への返済を再開したとしても、いったん保証人がブラックリスト入りしたという事実は消えません。

もし保証人に迷惑をかけてしまったら?

もし任意整理で、保証人に迷惑をかけながらも手続きをしなければならない場合は、なんらかの形で保証人をアフターフォローすべきでしょう。

もし、あなたの落ち度により、保証人へ請求が行ったり、ブラックリスト状態になるなど迷惑を及ぼした場合、

保証人に返済していったり、こまめに状況報告するなど、信頼関係を回復するための努力は可能なはずです。

① 支払い不能になったり、債務整理する前に必ず報告し、理解を求める

② 迷惑をかけた場合は、アフターフォローをする

...これだけは最低限のマナーとしておこなうべきでしょう。

まとめ

以上、いかがでしょうか?

ご説明したとおり、任意整理をおこなえば、保証人にはある程度迷惑をかけずに、借金を整理できる可能性があります。

一方で、任意整理をはじめとして債務整理を選択した時点で、いずれにせよ保証人には何らかの形で、迷惑を及ぼす点は、おさえておくべきでしょう。

それでも、被害を最小限に抑えたい場合は、まずは司法書士などの専門家へ相談することです。

  • 任意整理であれば、保証人の付いている借金を除外して、債務整理することができるので、迷惑をかけずに行える可能性が高い
  • 保証人は、借金をしている人が完全に返済できなくなった場合だけ、返済義務が生じる保証となる
  • 連帯保証人は、ほぼ借金を借りている人と同じ責任を担わされている状態のことをいう
  • 任意整理により保証人に迷惑がかけるようであれば、アフターフォローなどを十分に検討すべき

【新潟】債務整理相談センターは相談無料!!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-341-091

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【新潟】債務整理相談センター
運営:ARO司法書士法人
新潟市中央区米山4丁目1番23号米山Nビルディング4F
新潟駅から徒歩8分

無料相談はこちら

受付の女性
【新潟】債務整理相談センター(運営:ARO司法書士法人)は米山Nビルディングの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-341-091

Menu