(相談無料)新潟で債務整理なら【新潟】債務整理相談センターへ

【新潟】債務整理相談センター

〒950-0916
新潟県新潟市中央区米山4丁目1番23号
米山Nビルディング4F

新潟駅から徒歩8分
運営:ARO司法書士法人

受付時間
平日:9:00~17:00
定休日
土日・祝日

※土曜・日曜・祝日の面談をご希望の場合はご相談ください。

お電話での無料相談はこちら
0120-341-091

メールでのご相談は24時間お気軽に!

個人再生は家族にバレる?

司法書士とパラリーガル

「個人再生が家族にバレない方法は?」
「個人再生を秘密にできる?!」

いつのまにか膨れ上がってしまった借金。

自分ではどうすることもできなくなり、個人再生の手続きをしたいところなのですが、家族には余計な心配をかけたくない。

そこで、何とかして手続きを秘密にする方法はないものかと思われる人は多いと思います。

結論から言うと、家族にバレないように個人再生ができる場合もあります。

しかし、いくつかの条件を満たす必要があるうえに、状況によっては非常に厳しい場合もあります。

そこで今回は、個人再生を家族にバレないように行う方法について、詳しく解説したいと思います。

同居家族に秘密で個人再生するのは困難

まず、夫や妻といった同居している家族にバレないように個人再生をすることは、非常に困難といえるでしょう。

なぜなら、同居する家族に収入がある場合には、その家族の収入証明書や家計収支表の提出が必須だからです。

ただし、同居する家族に収入がなく、家計収支表を内緒で準備できるようであれば、バレない可能性はグッと上がります。

いっぽう、家族が同居していない場合は、個人再生がバレる可能性は非常に低いといえます。

必要書類を家族に内緒で揃えられれば…

同居する家族にバレないように個人再生を進めるために最も大切なポイントは、「給与明細書」や「家計収支表」の準備です。

つまり、この2つを家族に秘密で入手することができれば、個人再生をしたことがバレる可能性を下げられるため、家計収支の実権が誰にあるのかという点が重要になってきます。

では、あなたには妻がいて、共働きで家計を同一にしていると仮定しましょう。

そして、あなたが個人再生の申立てを行う場合、「過去2年の源泉徴収票」と、「過去2カ月の給与証明書」を準備する必要があるのに加え、妻の過去2カ月の給与明細書も必要となります。

したがって、このような場合には、妻の給与明細書を秘密に入手する必要が出てきます。

普段から、妻が給与明細書を保管している場所を把握しており、簡単に入手できるのであれば問題ありませんが、会社に申請する必要がある場合やWEB明細書などの場合は非常に困難でしょう。

この他にも収入を証明する書類として、「課税証明書」や「確定申告書の控え」などがありますので、入手しやすい場合はそちらで代替してもよいと思います。

しかし、どの書類にも言えることですが、収入を得ている本人が取得する必要があるため、代理人が取得する場合には本人の委任状を準備しなくてはなりません。

よって、家族にバレないようにするためには、こっそり持ち出すか、何とか別の理由をでっちあげてうまく説明するしかないでしょう。

いっぽう、家計収支表についても同様で、生計を共にする家族全員の収支が必要となります。

そのため、普段から妻が細かく家計簿をつけていて、その場所を把握できており、すぐに入手可能であれば問題ないでしょう。

しかし、そうでない場合には、食費や光熱費といった細かい収支に関して家族にヒアリングする必要が出てきますし、預金通帳や各種明細書、保険の返戻金証明書なども必要になるため、ハードルは非常に高いといえるでしょう。

ただし、住宅ローンについては個人再生では整理対象から除外できるため、バレることはありません。

郵便物は代理人宛てにすればOK

個人再生をすると裁判所から通知書や郵送物が送られてくるのですが、流石にこれが自宅に届いてしまうと、家族に秘密にしておくのは難しいでしょう。

しかし、一般的には、自分で再生手続きを行うという人は少なく、弁護士や司法書士といった専門家に依頼することが多いため、各種郵便物も自宅ではなく申立代理人である専門家のところに届くため大きな問題にはなりません。

また、個人再生手続きの開始申立書内にも、裁判所からの郵便物の受け取り希望場所である「送達場所」を指定する項目がありますので、自宅ではなく専門家の住所を指定すればOKです。

さらに、これだけでは不安だという場合には、あらかじめ専門家に、裁判所からの郵便物を自宅に届かないようにしてほしい旨を伝えておくようにしましょう。

いっぽう、個人再生を自分で行なう場合には、裁判所に行く必要があったり裁判所からの郵便物が自宅に届いたりするので、家族に秘密にするのは相当苦しくなると思ったほうがよいでしょう。

その意味においても、やはり専門家に手続きを依頼するのが賢明です。

家族が借金の保証人になっている場合はバレる

家族が借金の連帯保証人などになっている場合には、個人再生を専門家に委任してカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に受任通知が送付された時点で、保証人に対して残額の一括請求が要求される可能性があります。

したがって、家族が借金の保証人になっている場合には、家族にバレる可能性が非常に高いといえるでしょう。

また、個人再生の手続きにおいては、借金減額の対象は申立人のあなただけが対象となるため、保証人は対象外となります。

そのため、保証人も個人再生をしない限り、借金がそのまま残ってしまいます。

ですので、家族が借金の保証人になっている場合は、あらかじめ事情を説明しておくべきだと思われますので、バレないようにするのは厳しいと言わざるを得ないでしょう。

ブラックリストに載ることでバレる可能性

個人再生をすると、いわゆる「ブラックリストに載る」という状態になります。

これにより、家族にバレる可能性もあります。

ブラックリストとは

個人再生をするといわゆる「ブラックリストに載る」という状態になります。

個人再生をした事実が、個人信用情報機関が保有するデータベースに事故情報として記録され、その後のカード会社の審査に通りづらくなってしまうため、新たな借金やクレジットカードの発行ができなくなってしまうのです。

したがって、住宅ローンや車のローン、子どものための教育ローンといったほぼすべてのローンが組めなくなるため、家族に不審がられてバレる可能性が高まるというわけです。

ただし、今後大きなローンを組む予定や、クレジットカードを作る必要がないという場合であれば、特に問題はありません。

ちなみに、個人再生後、ブラックリストに載っても5年~7年経過すれば事故情報は消去されます。

ブラックリストに載った場合の言い訳

前述したように、ブラックリストに載る影響で、家族に不審に思われてしまうこともあると思いますが、実はブラックリストに載る理由は個人再生だけではありません。

例えば、借金の支払いを長期間にわたって滞納した場合や、カードを強制解約された場合などでも、ブラックに載ってしまうのです。

つまり、「ブラックリストに載る=個人再生」ということには必ずしもならないため、家族に不審がられた場合には、これらの理由を伝えることで個人再生をしたことがバレない可能性はあるでしょう。

ただし、ブラックリストに載ったことにより、家族が不審に思い勝手に個人信用情報を調査するという可能性もあります。

しかし、個人信用情報は、代理人が本人の承諾なしに申請することはできません。よって、家族に勝手に調査されるという心配はないでしょう。

専門家とのやりとりでバレる場合

弁護士や司法書士といった専門家とのやりとりでも、家族にバレる可能性があります。

専門家との各種連絡方法を工夫しておく

前述したように、個人再生の手続きを専門家に依頼すれば、ほとんどすべての手続きを代行してもらえるため、家族にバレる可能性は低くなります。

しかし、この場合でも、いくつか注意すべきポイントがあります。

裁判所やカード会社と直接連絡を取ることはありませんが、専門家とは頻繁にやり取りすることになります。

そのため、必要に応じて電話連絡や書類が送付されてくることもあります。

したがって、専門家に依頼する場合には、あらかじめ専門家との各種連絡方法について工夫しておく必要があります。

たとえば、電話で連絡してくる場合には、自宅ではなく必ず携帯に連絡してもらうよう調整したり、出られない場合にはあなたから折り返すといったルールを決めておいたりするのがよいでしょう。

また、郵便物については、自宅ではなく勤務先などに送ってもらうという調整も必要となってきます。

ただし、多くの専門家は、家族にバレないように配慮してくれるのが普通ですので、あらかじめその旨を伝えておくことが大切です。

債務整理に慣れた専門家に依頼しよう

家族にバレないように個人再生を進めるためには、言うまでもなく専門家の配慮が必須です。

しかし、あまり債務整理に慣れていない専門家の場合だと、手違いによって自宅に郵便物が届いてしまうといった事態にもなり兼ねません。

これでは、せっかく専門家に依頼したとしても、メリットが激減してしまいます。

また、不慣れな専門家で、手続きがスムーズに進まないような場合には、家族にバレるリスクも高くなってくるでしょう。

また、専門家によっては、トラブルを回避するために家族に秘密の場合には依頼を受けないというスタンスの人もいるようですので、あらかじめ確認しておくことも必要です。

したがって、個人再生を依頼する場合には、債務整理に慣れた専門家を探すことが重要です。

当事務所は、数々の債務整理の案件を扱った実績がありますので、家族にバレないように配慮することも可能です。お気軽にご相談ください。

家族にバレないようにするためには

ここまで紹介した内容を踏まえ、家族にバレないように個人再生の手続きを進めるためには、以下のポイントを押さえる必要があります。

・家族の収入証明書をこっそり入手する

・家計簿を入手するか、家計収支表を自作する

・家族が連帯保証人の借金がない

・債務整理に慣れた専門家に依頼する

こうしたポイントを踏まえつつ、他の細かい条件も満たすことができれば、個人再生の手続きを家族にバレずに進められる可能性が出てきます。

まとめ

  • 同居している家族にバレないように個人再生をするのは、非常に困難。
  • 同居する家族に収入がある場合には、その家族の収入証明書や家計収支表の提出が必須。
  • 同居する家族に収入がなく、家計収支表を内緒で準備できるような場合であれば、バレない可能性は高い。
  • 家族が同居していない場合、個人再生がバレる可能性は非常に低い。
  • 手続きを専門家に依頼すると、各種郵便物が自宅ではなく申立代理人である専門家のところに届くことになるため問題なし。
  • 家族が借金の保証人になってる場合には、家族にバレる可能性が非常に高い。
  • 個人再生をすると、ブラックリストに載るため、家族のバレる可能性がある。
  • 専門家に依頼する場合、あらかじめ専門家との各種連絡方法について工夫しておくこと。
  • 個人再生を依頼する場合は、債務整理に慣れた専門家を選ぶことが重要。

【新潟】債務整理相談センターは相談無料!!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-341-091

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【新潟】債務整理相談センター
運営:ARO司法書士法人
新潟市中央区米山4丁目1番23号米山Nビルディング4F
新潟駅から徒歩8分

無料相談はこちら

受付の女性
【新潟】債務整理相談センター(運営:ARO司法書士法人)は米山Nビルディングの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-341-091

Menu